茶屋町は、300年前(江戸時代)の干拓地です。そこに早島新田村と帯江新田村ができ、100年あまり前(明治時代)に茶屋町となったそうです。

1972年に、合併により倉敷市となりました。

現在の茶屋町は、農業・商工業の町であり、岡山市・倉敷市・玉野市などへの通勤・通学に便利な住宅地となっています。

茶屋町小学校区の人口と世帯数

(2017年9月末)  17,116人 6,692世帯

(2017年6月末)  17,093人 6,674世帯

(2017年3月末)  17,073人 6,641世帯 

(2016年12月末) 17,074人 6,629世帯

(2016年9月末)  17,072人 6,603世帯

(2016年6月末)  17,035人 6,582世帯

(2016年3月末)  17,037 6,570世帯

(2015年12月末) 17,060人 6,461世帯

(2015年9月末)  17,038人 6,514世帯

(2015年3月末)  17,001人 6,469世帯

 (2008年 H20年)  14,026人 4,929世帯

(2004年 H16年)  12,784人 4,334世帯

(1989年 H元年)  10,396人 3,064世帯

(1985年 S60年)   9,855人 2,856世帯

(1960年 S35年)   7,789人 1,688世帯

↑ 茶屋町駅構内の大鬼面

茶屋町駅前「鬼の広場」に建つ鬼のブロンズ像